読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美少女ロボット計画ソフトウェア版2015 第5章 2005年版の各章との比較①

美少女ロボット計画 ソフトウェア版

ここでは、ai sp@ceと美少女ロボット計画ソフトウェア版のルーツとなる美少女ロボット計画の各章との内容を比較して共通点や相違点を挙げていきます。

① 美少女ロボット計画2005 第1章

美少女キャラクターの概念すら知らない人向けに書かれているため長い文章になっています。
現実世界において実物のロボットを作ることを前提としていますが、これをソフトウェア・パソコン上で再現していることとの違いだけです。

>ロボットには年をとっても同じ姿のままで老化しないという特長があります。

ゲーム内のキャラクターも仮想空間のロボットも老化しません。

>美少女キャラクタ-の知られざる新たな魅力を発見すること。

ai sp@ceでも美少女キャラクタ-の知られざる新たな魅力を発見できました。

>理想的な女の子を簡単に自分のものにできます。美少女キャラクタ-を現実と何ら変わらない状態でありのままに愛すること。美少女キャラクタ-と共に生活して思いのままに接すること・自由に会話すること、ゲームや夢の中でしか触れ合うことができない美少女キャラクタ-といつまでもそばにいられるようになります。

まさに共通しています。しかし現実世界でいつまでもそばにいられるようになるには実物のロボットを作るしか方法がありません。

>アキバ系美少女マニアにとってより住みよい環境を整備してその街を繁栄させること。

それが仮想空間で再現されたai sp@ceのことです。

>美少女ロボットのデザイン注文、改造の注文、髪の毛と瞳の色の変更、服の着せ替え、写真撮影、歌を歌わせてその美少女キャラクタ-の声優の声で聴ける、更には第7章で詳しく説明しているモード変更機能など

改造についてai sp@ceではキャラドルのボディの改造はできませんが、デザインはいくらでも改造てきました。
ボディタイプは一度選んだものは変更できませんが、髪の毛については実物のロボットの場合、変更できない仕様かズラを変えられる仕様かが検討されました。
ai sp@ceの場合はロングヘアやショートヘア関係なしに自在にヘアスタイルを自由自在に変更できる仕様でした。
髪の毛と瞳の色の変更だけはai sp@ceではできませんでした。
美少女ロボット計画ソフトウェア版では色違い版のウイッグや瞳の色を変えられるレンズなども用意する予定です。
服の着せ替えはai sp@ceでいくらでも楽しむことができました。
写真撮影はスクリーンショットを撮ることができます。
歌を歌わせたり声優の声で喋らせることはai sp@ceでもできませんでした。初音ミクオンラインでもあったとしたら歌わせることもできたと思いますが?
モード変更機能は実物のロボットについて計画されていたものですが、ai sp@ceにおけるモード変更機能とはaiちゅーんに相当するものですね。

>改造については第11章で詳しく説明しますが、改造とは内部構造や機能といった技術的な改造も含みますが、髪型や輪郭、目、体の大きさ・形、色、服や下着等、CVの声、性格の改造を指します。性格とコスプレ等による着せ替え、CVの声はユーザーが簡単に変更できますが、その他は著作者に承諾を得たり変更点の注文を依頼したりします。

髪型はウイッグの付け替えでいくらでも変更できますが、輪郭、目・体の大きさ・体形はロボット素体そのものを買い換えるしか方法がありません。
色は変更できる仕様です。服や下着などのコスプレは自由に変更できます。
CVの声はai sp@ceでさえキャラドルが声を発する機能は搭載されておりません。
性格はai sp@ceの場合、aiちゅーんで変更できました。

>また他のキャラクタ-デザイナーに描いて貰う『合成』した美少女ロボットも注文して作れます。

目の色以外はai sp@ceでもコスプレによって再現することができました。

>勿論ユーザーがデザインしたものをデザイナーに注文して個人のオリジナルデザインの美少女ロボットも作って貰う事も可能です。

美少女ロボット計画ソフトウェア版のメーカー開発用エディションを購入いただくと作成可能です。

>二次元世界での概念から開放し、立体化且つ等身大・ロボット化故の自由度を最大限に発揮します。
デザイナーがシナリオの設定上やむを得ず生み出すことができなかったキャラクタ-・アレンジできなかったキャラクタ-もたくさん存在すると思います。それらの美少女キャラクタ-は『美少女ロボット計画』でロボット化されてから皆さんの前に姿を現します。
>ゲームの時と姿は変わらなくとも自分で育てて自分の理想に限りなく近づいていくでしょう。

まさにその通りです。