大量殺人をほのめかす

栗原勇一郎、ぶっ殺してやる!!  伊藤崇、ぶっ殺してやる!!
小森谷孝幸、ぶっ殺してやる!! 辻貴一、ぶっ殺してやる!!
常岡千寿子、ぶっ殺してやる!!  谷尋潤、ぶっ殺してやる!!
熊沢英昭、ぶっ殺してやる!!   日渡駿、ぶっ殺してやる!!
船戸雄大、ぶっ殺してやる!!   皆川忍、ぶっ殺してやる!!
福本徹也、ぶっ殺してやる!!   村山彰、ぶっ殺してやる!!
常慶政則、ぶっ殺してやる!!   小野乙、ぶっ殺してやる!!
納富駿太、ぶっ殺してやる!!   白井学、ぶっ殺してやる!!
蓮田敬司、ぶっ殺してやる!!   服部慎、ぶっ殺してやる!!
高倉和樹、ぶっ殺してやる!!
島田博満、ぶっ殺してやる!!
岩永良子、ぶっ殺してやる!!
北岡宣夫、ぶっ殺してやる!!
笹本駿介、ぶっ殺してやる!!
網中隆悟、ぶっ殺してやる!!
荒川喜光、ぶっ殺してやる!!
後藤亨智、ぶっ殺してやる!!
後藤孝宏、ぶっ殺してやる!!
藤原一弥、ぶっ殺してやる!!
藤原哲太、ぶっ殺してやる!!
本郷広直、ぶっ殺してやる!!
土橋祐哉、ぶっ殺してやる!!
筒井麻衣、ぶっ殺してやる!!
渡辺雄二、ぶっ殺してやる!!
石谷健二、ぶっ殺してやる!!
岩瀬隆喜、ぶっ殺してやる!!
入住知彰 ぶっ殺してやる!!
北中春夫 ぶっ殺してやる!!
東向貴志、ぶっ殺してやる!!
小林康浩、ぶっ殺してやる!!

大崎謙介、ぶっ殺してやる!

育児板で殴り書き

自殺するぐらいなら覚醒剤でも打ってお前らを殺してやったほうがマシだな。
俺はそうしたほうが自分の人生にケジメを付けたことになると思うがな。

お前らみたいに子供を施設送りにしたり虐待死の容疑者が国の秩序を乱す害悪という自覚はないのか!
税金の無駄はお前らのことだぞ!!
障害者大量殺人の植松聖が障害者は税金の無駄使い殺すべきだというのと似たように、国が死刑にしないなら熊沢英昭、岩永良子、船戸雄大、福本徹也、栗原勇一郎とか絶対殺すべきだな。
犯罪者を量産するお前らは殺されるべき。
無秩序に弟妹を産んで暴れまくるお前らは殺されるべきだ!
何がしつけだ!?お前がしつけだと言ってることは9割間違いなんだよ!分かってんのか!!

己の信念を貫くために犯罪を犯すことは恥ずかしいことではない!
そのために俺の両親そして貴様等を殺害することも厭わない!!

亡くなった○○君の無念を晴らすため○○の父親を俺が殺害することを高らかに宣言する!!!

育児板で殴り書き

自殺するぐらいなら覚醒剤でも打ってお前らを殺してやったほうがマシだな。
俺はそうしたほうが自分の人生にケジメを付けたことになると思うがな。

お前らみたいに子供を施設送りにしたり虐待死の容疑者が国の秩序を乱す害悪という自覚はないのか!
税金の無駄はお前らのことだぞ!!
障害者大量殺人の植松聖が障害者は税金の無駄使い殺すべきだというのと似たように、国が死刑にしないなら熊沢英昭、岩永良子、船戸雄大、福本徹也、栗原勇一郎とか絶対殺すべきだな。
犯罪者を量産するお前らは殺されるべき。
無秩序に弟妹を産んで暴れまくるお前らは殺されるべきだ!
何がしつけだ!?お前がしつけだと言ってることは9割間違いなんだよ!分かってんのか!!

己の信念を貫くために犯罪を犯すことは恥ずかしいことではない!
そのために俺の両親そして貴様等を殺害することも厭わない!!

亡くなった○○君の無念を晴らすため○○の父親を俺が殺害することを高らかに宣言する!!!

親を殺すことは素晴らしい

栗原勇一郎、ぶっ殺してやる!!
常岡千寿子、ぶっ殺してやる!!
熊沢英昭、ぶっ殺してやる!!
船戸雄大、ぶっ殺してやる!!
福本徹也、ぶっ殺してやる!!
常慶政則、ぶっ殺してやる!!
納富駿太、ぶっ殺してやる!!
蓮田敬司、ぶっ殺してやる!!
島田博満、ぶっ殺してやる!!
岩永良子、ぶっ殺してやる!!
北岡宣夫、ぶっ殺してやる!!
笹本駿介、ぶっ殺してやる!!
網中隆悟、ぶっ殺してやる!!
荒川喜光、ぶっ殺してやる!!
後藤亨智、ぶっ殺してやる!!
本郷広直、ぶっ殺してやる!!
土橋祐哉、ぶっ殺してやる!!
筒井麻衣、ぶっ殺してやる!!
栩野由佳、ぶっ殺してやる!!
宮島正枝、ぶっ殺してやる!!
渡辺雄二、ぶっ殺してやる!!
石谷健二、ぶっ殺してやる!!
岩瀬隆喜、ぶっ殺してやる!!
入住知彰 ぶっ殺してやる!!
北中春夫 ぶっ殺してやる!!
伊藤崇、ぶっ殺してやる!!
谷尋潤、ぶっ殺してやる!!
日渡駿、ぶっ殺してやる!!

大崎謙介、ぶっ殺してやる!

読者に告ぐ

いったいなぜだろう?

当ブログの読者はハッキリ言って、読者らしくない。

1日の読者は平均20人前後。

おそらく何度も見にくる人はロボット関係が好きな人物か、ロボットの開発を仕事でやっている人物だろう。

此処では主に後者について、さらに2つに区別する。

「ロボットの専門家であるが、鼻から美少女ロボットを作ることに興味がない人」

「ロボットの専門家であり、美少女ロボットの開発に取り組んでいる人」

夢は夢を語り合う仲間がいてこそ実現への段取りが上手くいくものだが、ブログ公開から10年あまりたっても誰も一言も語らない。

そのまた後者も、俺の考えが気に入らない理由について一切言及していないのだ。

俺には俺のやり方にセールスポイントや強みをアピールできるし、こんな心の持ち主だからできる事や守れるものがあるんだと信じている。

今このブログを見ている読者は何年前から、或は10年以上前から見ている奴なのか?

それでいて当方に何も尋ねないのは、どういうつもりなのか?

バカにしているつもりで見ているのだろうか?

いったい、この読者らしくない読者は何を期待しているんだろうか?

これ以上記事の更新を求められても、昔の記事「2005年」のそれを上回るどころか、20代の頃に書いた記事は内容が劣化していく一方だった。

それゆえに、当分の間は新しい記事を書くつもりはない。

当初からのイデオロギーアイデンティティを維持することも重要だと考えている。

最新「2017年」の要約版が、2005年版の文面を約60%そのまま残した上で、今の時代に合わせて改良したものを初めて形にした名著である。

 

だからこそ「2005年」の記事を見直してほしい。

 

美少女ロボット計画2005が書かれた当時の若き自分は今の自分よりも輝いていて、夢に溢れ、対象とされる美少女キャラクターへの愛着も大きいものだった。

当時の若き自分と夢の世界で対談するなら、寧ろ昔の自分に「教えて欲しいぐらいだ」と縋ることが多くなる構図が思い浮かぶよ。そんな昔の若き自分は今でもこんな大人を励ましてくれる。澄み渡る青空を見上げて物思いに耽るように、遠い未来を見つめながら。

30歳になった今、昔ほどキャラクターが好きではなくなってきたし、好きな女性のタイプはかなり限定的なものになってきた。それでも、この計画は画期的な産業革命の切り札であることを信じている。今でも諦めたくない。

美少女ロボット計画2017 第11章 製造工程について

美少女ロボット計画

 

1:ロボット化する美少女キャラクタ-を選考・決定する。

 

2:著作者(デザイナー)の許諾を得る。

その後、デザインの修正案やプロフィール(データ)の補足、仕上げ方などについて話し合う。

 

3:体の模型の寸法・形状データを3D-CADで作成する。

現在の3Dプリンターで扱えるデータ形式でインプットします。

 

4:模型の製造

模型成型用工作機械は2種類あります。
従来からあるエンドミルによる切削機と3Dプリンターです。
3Dプリンターは加工時間も比較的早く、そのような手間のかかる作業をしなくて済みます。レーザーの当った部分だけを固めて、層内で積層させることで成型するので中子を必要とせず、バリも発生しません。
層の大きさは縦180㎝、横80㎝、高さ80㎝です。

 

5:型の製作

型も模型工作機の層と同じ大きさで、上と下が二つに外せるようになっていて、先程作った模型を型に挟み込みます。これは鋳造での鋳型を作る要領で作ります。

 

6:骨格(フレーム)の設計・製作

この部品は作る美少女ロボットの身長によって寸法が異なります。胴体では背骨と肋骨の継ぎ目部分などは溶接します。特に胴体や頭部の骨格(フレーム)には内部の装置を固定するためのねじ穴が多数あります。その他の部位には油圧ピストンや軸を取り付けるジョイントがあります。

 

7:油圧シリンダー・ユニット、一部の補助モーターの取り付け

人間でいえば骨と筋肉が連動するようにこのロボットは腕や脚の骨格と往復運動する油圧シリンダーが密接につながっています。アクチュエータであるシリンダーとピストン、伸縮するロッド(駆動軸)はそれぞれの可動部分に取り付けます。作動油タンクとポンプ、飛び降りて着地する時の衝撃を吸収したり瞬発的な圧力が必要な場合に油を補助装置として供給したり、ポンプの脈動を平滑化するアキュムレータ。圧力制御弁(リリーフ弁)、方向制御弁、特に指などを動かすときの細かい速度調整に流量制御弁があります。これらの装置は全て胴体に搭載されます。

 

8:発電装置の取り付け

発電装置は燃料電池なので口から胃にあたるタンクから通じる管路を介して燃料を供給するようになっています。また、発電によって出た水は冷却水循環回路(管路)に送水されます。電源は交流ではなく『直流』だけを用いるのでVRM は小型でトランスが無くて済むので軽量です。電圧はあまり高くありませんが、トランジスタだけは発熱しますので冷却には配慮しなければなりません。

 

9:ポンプ・タンクの搭載

ポンプは大きく分けて燃料ポンプと冷却水ポンプと作動油ポンプの三つがあります。飲み物が飲める機能を持っている機種にはそれを専用タンクに送る為のポンプもあります。その他に少量で決められた量の液体を出す部分はタンクがシリンダーでポンプがピストンになった部品が搭載されています。水などのポンプは遠心式ポンプです。動力用油圧ポンプは何れも容積式ポンプです。ラジアルピストンポンプなどが最も力がありますが、種類がいくつかあるので試験機を動かす実験をしてから選定する予定です。タンクは胃に相当するタンクに燃料タンク、発電装置から発生した水を一時的に溜める冷却水リザーブタンク、洗浄水を一時的に蓄えるタンク、余分な水や使用済み洗浄水及び熱水の緊急排水の場合に水を一時的に溜めておくタンクが主なタンクです。少量で決められた量の液体を出すタンクは涙や口の中が湿るようにするため唾液に相当する水を溜めるタンクなどです。

 

10:ラジエーター・冷却装置の取り付け

ラジエーターは胸部の肺に相当するケーシング内にあります。もしスペースに余裕があれば冷媒による冷蔵庫と同じ仕組みの冷却装置が搭載できるかもしれません。CPU等の熱源冷却ヘッドについては後述します。

 

11:カメラ、マイクロフォン、スピーカーの搭載

先にマイクロフォンは耳の位置に、スピーカーは咽喉の近くに付けます。スピーカーは直接濡れないようにします。次にカメラを両方固定した後、瞳のレンズを着色・加工する作業があります。

 

12:瞳のレンズを着色・加工

レンズは二重で、外側のレンズは無色です。着色されているのは内側で、中心部分は無色透明になるように造られています。また、白く光る部分(ハイライト)は光源の向きによって位置が異なる為、光が当たらない時は無色の感光反射シールをその形状に切って貼り付けます。これらを重ね合わせたら両方のカメラの前に填めます。

 

13:CPU・メモリーユニット・インターフェースコントローラーチップの搭載

これらは数段重なった(スペーサーで間隔を空けている)基板上で全て頭部に実装されています。(ジャイロスコープ等も内蔵)電源ケーブルと信号ケーブルをケーシング筐体外部に続くコネクタに配線し、熱源冷却ヘッドを取り付けた後、蓋(頭蓋骨に相当)をボルトで締結します。

 

14:各計器(メーター)の取り付け

まず管路に取り付ける作動油圧力計、流量計、水圧計を優先に取り付けます。電圧計・電流計は電気回路上に内蔵されています。

 

15:配管

動力用作動油回路のポンプとタンクなどからアキュムレータや制御弁を通じて各アクチュエータへの配管、口からラジエーターのケーシングと胃タンクまでの配管、そこから燃料タンク・洗浄排水タンク・及びポンプまでの配管、燃料タンクから発電機までの配管、発電機から冷却水ポンプ及びリザーブタンクまでの配管、ここから熱源冷却ヘッドを介し、ビニールかアクリルチューブの全身に張り巡らされた放熱管への配管、ラジエーターへの配管、そして洗浄水タンク・排水タンクまでの配管をします。

 

16:電気系統の配線

電源ケーブルは電源装置(発電装置とバッテリー)を中心に、信号ケーブルはCPUやインターフェースコントローラーチップが搭載された頭部の筐体外部にあるコネクタを中心に配線されています。CPUやインターフェースコントローラーチップが実装された基板が搭載された筐体外部には電源コネクタと信号コネクタの二つがあります。電源コネクタは発電装置とバッテリーからVRMを介して接続します。また、電源はポンプやバルブの各モーターとセンサーの電源にも接続します。信号コネクタはポンプやバルブの他、作動油圧力計・電圧計・電流計・流量計・水圧計などの計器、カメラやスピーカー、全てのセンサー(加速度センサー・ジャイロスコープ・マイクロフォン・嗅覚センサー・赤外線センサー・サーミスタ及びサーマルダイオード光ファイバーと感圧電導センサー・タンクの水位感知センサー)に接続します。

 

17:第一検査

これまでに取り付けた装置や部品が正常に動作するかを検査する。異常が無いことを確認したらバッテリーに充電し、作動油、燃料、冷却水を充填してから次の工程に進みます。

 

18:ワイヤー吊り用のねじ穴あけ

シリコンを流し込む為の型の内部でロボットの機体をきれいな位置で水平を保ったままシリコンを固める為にはワイヤーで吊る必要があります。この工法を採用した理由は、バリを少なくし、継ぎ目だらけにならないようにする為です。もしも傾いたりすると欠陥が生じるので注意します。ワイヤーの先端はねじになっており、ねじ穴の径はM3です。(単位 ㎜)

 

19:ビニール膜によるラッピング

機体骨格むき出しのままではシリコン等を流し込むことはできません。そこで、厚さ約2㎜のビニール膜をラッピングします。内側には潤滑油を塗油します。駆動軸や回転部以外の部分は機体の表面に密着させます。

 

20:ウレタンスポンジ・ゲル層の実装

場所によってウレタンスポンジやゲル層を使い分けます。光ファイバーや放熱管をシリコン層に出す為の穴を確保しておきます。例外として、髪が植毛される頭部にはプラスチック層があります。植毛時に簡単に抜け落ちないようにする為です。

 

21:放熱管張り

張る前にシリコングリスを表面に塗布します。そして放熱管を網状に張っていきます。その後は実物大の型より小さい型の中にロボットをワイヤーで吊るし、少し固めのシリコンを型に流し込み、埋めます。型入れの時は、目や口等の穴が塞がらないように中子を入れたりテープやフィルムでマスキングします。

 

22:光ファイバーと感圧電導センサー・サーマルダイオード(サーミスタ)張り

これらは布状・網状に均等に編み上げられています。穴から出した端子に光ファイバー・センサー布の端子を繋ぎます。

 

23:着色シリコンの型入れ

所定の濃度の肌色塗料をシリコンに練りこみます。ロボットを実物大の型(本型)の中に入れて再度ワイヤーで吊るし、肌の表面となるシリコンを流し込みます。色が違う部分(ピンク色)は予め型の底面に適量のピンク色シリコンを塗布してからすぐに肌色シリコンを流し込みます。

 

24:乾燥

ワイヤーの穴を埋めてからしばらくの間、乾燥させます。その後、バリを取ります。

 

25:塗装

眉毛・睫毛を塗装によって描きます。他に目元をほんのり赤く染めたり、入れ墨のあるキャラクターはその部分を塗装したりします。睫毛は場合によって植毛やシリコンゴムでも作れます。

 

26:髪の毛を植毛

キャラクターごとにそれぞれ違う色の塗料を人工毛(カツラや人形に用いられる)の原料に練りこみます。こうして作られた髪の毛をリカちゃん人形のように植毛していきます。ショートヘアーは短く、ロングヘアーは長めに植毛します。

 

27:調髪・散髪

ヘアスタイリスト(美容師)がその美少女ロボットのデザイン通りに髪の毛を切り、時にはアホ毛やばね状のカールから独特な髪型までも調髪・散髪して、仕上げに髪の毛を結ったりリボンをつけたりします。

 

28:OSのインストール・設定

ロボットを動かす為のOSをインストールした後、声ディスクもインストールし、性格やモードの設定から時間設定もします。

 

29:起動させる(第二検査)

試運転をして、正常に動作するか確認します。

 

30:服を着せる

デザインにある通りの服や下着などを着せる。その他、豊富なオプションで楽しめます。

 

31:完成・出荷

これで一人の美少女キャラクターがロボット化され、美少女ロボットが生まれました。

完成時には工場併設の寺で完成儀式を執り行います。それで初めて出荷されます。

美少女ロボット計画2017 第10章 美少女ロボットの修理・改良

美少女ロボット計画

 

美少女ロボットの改良・改造について

1:デザインの改造

第1章でも概要を説明しましたが、ユーザーの要望に応じて美少女ロボットのデザインを自由にカスタマイズするのが改造です。デザイン改造を施す理由は五つ挙げられます。

①  ロボットとして体が最低限機能するような形状にすること。

② ロボット化するのにどうしても再現できない部分を省略・簡略化する為。

③ 美少女ロボットの種類を増やし、バリエーションを豊富にする為。

④ 更に一層かわいくし、より理想に近い仕上げにする為。

⑤ そしてユーザーの要望に応じて美少女ロボットのデザインを自由にカスタマイズすること。

 

一部だけを改造する殆ど目立たない改造から原型をとどめないような改造まで様々です。
小規模な改造はまず、体の大きさ(身長や3サイズ)だけの変更、髪や瞳の色の変更、肌の色を統一色への変更、あとはコスプレさせたり第7章で詳しく説明した性格やモードの変更機能を利用するなどです。
中規模な改造は髪型の改造です。他のキャラクタ-の髪型にしたりすることができます。
大規模な改造は原型をとどめない改造です。これが一番楽しいユニークな改造です。その美少女キャラクタ-を他のデザイナーにデザインして貰い、ロボット化することです。これはいわゆる「合成」です。
以上、改造はユーザーが注文し、美少女ロボット製造会社は著作者(デザイナー)に改造する変更点・合成を依頼します。
こうして作られた美少女ロボットはユーザーのもとに届きます。また、型を新規に作る必要がある場合は型の費用も含みます。そのデザインが好評であれば店頭に並び、カタログに載るでしょう。


2:技術的な改造

将来に工学・科学技術が発達すれば、美少女ロボットも改造する時が来るでしょう。
ここで対象となるのはその時代に存在する旧式構造の美少女ロボットです。この改造を受けるのは壊れたままの美少女ロボットかユーザーの要望でグレードアップする場合かのどちらかです。たとえば発電機を核融合発電機にしたり、高性能なCPUに載せ替えたり、視力をより高性能にしたり、より速く走れるようにする、握力・腕力の向上など、更に予想できないような新機能までも搭載されるようになるでしょう。
特に改造による向上を期待したいのは感情表現や人工知能、会話機能の分野です。

 

美少女ロボットの修理について

体に切り傷や穴ができたり焼け爛れた場合は表面を全て剥ぎ取り、もう一度型に入れてシリコンを流し込む作業をします。
内部が故障若しくは損傷した場合も破損した部品を修理・交換してからこの作業をします。

 

美少女ロボット計画2017 第9章 ロボット化するための条件

美少女ロボット計画

 

1:美少女キャラクタ-のデザイン及び資料の提示

著作者に美少女キャラクタ-のカラーイラストやラフ、裸の絵(正面・側面・背面)、表情画集、服(制服と私服、前と後)・下着・設定画(身に着けている物・小物のデザインも含む)とプロフィールの資料の提示をして頂きます。
特にプロフィールの資料につきましては先ず身長のデータが無い場合ロボット化できません。ユーザーからの要望で任意の高さで作ることになります。
3サイズのデータが無い場合も任意の大きさで作ることになります。また、裸の絵は美少女ロボットをつくる上で必ず必要になります。無い場合は他の絵を参考にします。
以上の資料が揃えば美少女ロボットをつくる準備ができます。


2:体の大きさ・設定の条件

身長:同じ身長同士のキャラクタ-であれば等身は全て揃います。即ち、等身は全て統一されます。頭の大きさを基準に脚の長さや胴体の長さが決まります。
身長は140㎝~170㎝以内。
例外に特注の場合110㎝以上から作る場合もある。
主に148㎝~168㎝です。

 

体重:体重はプロフィールと直接関係しませんが、主に40㎏~50㎏以内にします。
3サイズ(バスト):70㎝~93㎝、主流は82~88㎝です。特注の場合は例外もあります。
3サイズ(ウエスト):50㎝~63㎝、主流は52㎝~58㎝です。
3サイズ(ヒップ):70㎝~93㎝、主流は80~90㎝です。

年齢設定:ロボットなので特に関係しませんが、15歳~18歳を主流とする。特注の場合大人型なら24歳迄、ロリコン型なら9歳~12歳、中学生ぐらいの美少女ロボットが欲しい場合は13・14歳の設定も用意しております。

 

体の形状:腰の括れや顔、脚などの形状が極端なものはロボット化できません。美少女ロボット専用のデザインを作成する必要があります。腰の括れ、臍の位置、眉毛の位置、耳の形状、口の大きさは統一される可能性があります。口は小さすぎると機能しません。尚、首の太さ、手足の形状、鼻の大きさは統一します。平均化・左右対称が条件です。

理想的なスタイルのキャラを描ける原画家さんはこの計画の推奨デザイナーと認定します。

 

輪郭:両方の角度をたして2で割った平均の状態に修正します。いわば左右対称にすることです。

絵を鏡に映して違和感の無い原画家さんはこの計画の推奨デザイナーと認定します。


目の大きさ:高さと横幅が1:1の割合に納まることが望ましい。大きすぎて瞼を閉じることができないデザインの美少女ロボットは業務用としての範疇で商品化できるでしょう。

実用化できる製品は瞼を閉じれる限界の高さまでに制限します。縦長すぎて瞼を閉じることができないデザインは推薦対象から除外します。但し、それでも全体的にデザインのいいキャラは著作者がこの制限の範囲内に収めたデザインに修正することに同意した場合はロボット化は可能です。

ロボット化推薦対象仕様を満たした原画家さんはこの計画の推奨デザイナーと認定します。

 

性格:特に関係しません。ユーザーの好みに応じて自由に変更(カスタマイズ)できます。

 

髪型:フィギュアとは異なり、明らかに再現できない部分は省略する。この件について承諾できない場合は美少女ロボット専用のデザインを作成することになります。

 

髪の色:制限なし。
(例…茶、オレンジ色、黄、緑、青、紫、ピンク、赤、黒など)

でも白髪は年寄りみたいなイメージがあるから個人的には好きではない。


瞳の色:制限なし。

(例…茶、黄、緑、青、紫、灰色など)

でも血のような真紅は怖いですね。

 

肌の色:肌の色は基本的に統一された色を使用します。例外は特注のみ。

中には肌の色が茶色がかった褐色のキャラクターも存在しますね。

 

3:著作者の承諾

著作者は以上の要項に同意し、美少女ロボットの商品化に協力するものとします。

 

美少女ロボット計画2017 第8章 美少女ロボットの内部構造について

美少女ロボット計画

 

内部の装置や部品は極度にメカっぽくならないように配慮し、角は丸みを付けます。

電源装置は胴体に内蔵されることになり、その電源装置の発電原理や仕様が異なれば内部構造は全く異なるものになります。

駆動方式はモーターに極力依存しない設計で、シリンダー機構や人工筋肉に置き換えていきます。

 

1:駆動部の機構について

今まで開発された二足歩行ロボットとは構造も全く異なります。特に脚や足首は主軸とモーターだけではありません。アキレス腱などの腱は上下運動をする油圧リンク機構による複数の可動軸が踵のモーターの代わりになります。アシモの踵のモーターは1個で消費電力が 1kwもします。油圧リンク機構にすればモーターだった部分が嵩張らずに済みますし、少ない力で大きな力を出すことができるので消費電力も抑えられ電気を無駄遣いせずに済みます。油圧にすればより歩行性能が向上し、今までの二足歩行ロボットでは実現しなかった歩き・走りができるようになります。
油圧リンク機構を積極的に応用して、手首や腕、指は違和感のない細さになり、そして頭部では口を開閉するときに動く顎をはじめ、瞬きや重要な表情変化を司る瞼、眉毛の辺り・口の辺りの表情変化にも用いていこうと思います。
特にこれらの部分では負荷が軽いうえ素早い応答速度が必要になります。エアサーボ(空圧)機構が望ましいのですが、正確な速度調整が難しく、発熱やコンプレッサーの騒音が気になります。油圧機構を積極的に採用するとサーボモーターの回転音よりシリンダー自体は動作音が静かでより自然で本物らしくなります。

但し油圧システムもポンプの「ムー...」という騒音も意外と大きいです。モーターの大きさはケーシング本体が1とすれば3以上の比率です。
シリンダーを多用することによってモーターの数は少なくなり、ポンプやファンなどを除く駆動部のモーターは膝・腰・肩・肘などの回転部のみになるでしょう。
制御側から見ても、常にバランスをとる為に複雑な制御をしなければならないモーターの数が少なくて済み、簡易化が期待できます。


2:センサーと各装置の配置

ロボットの頭脳であるコンピュータは勿論頭部に搭載されています。制御・演算装置はCPUをはじめとするLSIで記憶装置はフラッシュメモリーです。
また、頭部に搭載されるセンサーは加速度センサーと体の角度・平衡感覚を感知するジャイロスコープ。これらは金属カバーと断熱材と緩衝材、プラスチック等で造られた筐体で覆われています。
勿論、目・耳・鼻・口があるように目は着色されたプラスチックの裏にCCD若しくはCMOSカメラ(スローカメラ機能あり)・赤外線カメラ・赤外線ポートがあります。耳穴にはマイクロフォン・鼻は鼻腔をつくると穴が目立ってしまうので嗅覚センサーは口の中に配置されるでしょう。スピーカーは咽喉の上部にあります。
続いて胴体には発電機と電源装置、キャパシター(バッテリー)、冷却水循環用ポンプ・タンク、ラジエーター、それらを繋ぐ管路があります。発電機及び電源装置は60~80℃の熱を発生することがあるので断熱材とカバーで覆う。それ以外の装置もケーシングされています。


3:肌の表面及び皮下層構造について

肌の表面はシリコン層で作られます。シリコンとはケイ素のことです。ガラスや太陽電池、CPUの表面に塗布するシリコングリスなどの主成分です。ちなみにシリコンゴムはやや硬く、加熱すると発火して昇華するので溶かすことはできません。耐熱性ははんだの溶液が付着しても穴が開いたりしないので約300℃以下が限度です。
シリコン層には感圧電導センサーと光ファイバー、サーマルダイオードなどの熱センサー、全身に熱を行きわたらせる為のチューブが網状に張り巡らされています。触覚・圧覚は感圧電導センサーで感知され、強く打ったり抓ったりする、挟まれる、刺されるなどの痛みはある一定の圧力が計測された時は、強すぎると泣くことがあります。
重い物がのしかかった時は「重いよ」と拒む仕草をします。
火気や熱湯に触れた場合、設定によって感知し、避けることができます。逆に寒い時も設定によって感知し、寒がるようになります。
滑り覚はこれと光ファイバーが連携して触れている面積・移動する速さ、撫でたり擦るなどの回数を感知します。肩揉みなどのマッサージをすると快感を覚えるようになるのはこれです。
物を持つときも例えば卵を持つ時など、常に落とさないよう滑りを0に保ち且つ力加減が必要な場合にも重要な働きをします。
チューブは熱源から送られた水が流れています。温度が著しく上昇すると熱センサーが感知してラジエーターの排熱速度が上がり、排水する機能も作動することがあります。シリコンは熱伝導性が十分にあるのでシリコン層の内部にあります。面積が広いので放熱もラジエーターの役目を補います。
その下は弾力性(肉感)を持たせる為の弾力性ゲル層とウレタンスポンジ層があります。ゲル層とウレタンスポンジ層の間はビニール膜で分離しています。最下層は更に厚いビニール膜で金属フレームの骨格や油圧の駆動軸を覆っています。そうでなければ摩擦で油圧の駆動軸と骨組によって弾力性ゲル層が削れてしまい、穴があく恐れがあります。また、製造工程上においても直接弾力性ゲルを型に流し込むと空洞ができず油圧の駆動軸と関節のモーターが摩擦による損失が大きくなったり、動かなくなります。それに水に入ったときに浮くことができません。

 

美少女ロボット計画2017 第7章 電源装置と冷却、循環、放熱機構について

美少女ロボット計画

 

美少女ロボットは充電式ではなく、体内に発電機を搭載しています。
美少女ロボットがお風呂に入ることができる理由は発電機を内蔵しているからです。
充電式では差込口部分の見た目が不自然で違和感があり、ショートして故障につながる危険性があります。また、中途半端な時に動かなくなることもあり、しかも充電中は何もすることができません。

現在の技術でも充電式の場合は二足歩行ロボット用の電池にしてもフル充電で1時間駆動できれば良いほうで、あまり長持ちしません。

 

何れにしろ、ロボットの動力源としては燃料電池原子力発電機を内蔵されることが将来望ましいと考えられます。

 

燃料電池(2005年版より引用)

ダイレクトメタノール型(DMFC)の電解質は高分子膜で発電効率は30~40%で作動温度も60~80℃です。特別な設備を必要とせず、液体であるメタノールを用いるので扱い易いです。

もう一つ、固体高分子型(PEFC)は作動温度が常温で可能な上、発電効率も同じくらいですが水素ガスにしてからでないと発電できません。他の方式では作動温度がこれ以上高くなければならず、燐酸型でも最低200℃です。高いものでは650℃や1000℃も必要になります。温度が高い分発電効率も60%に達し、一酸化炭素も発電できる為に触媒を必要としないのがメリットです。低い温度では一酸化炭素などが余り、セパレーターを劣化させてしまう弱点があります。
発電された電気は一時的にキャパシター(バッテリー)に蓄えられます。リチウムイオンバッテリーは高価で重量が重く、化学反応に頼る為、どうしても寿命があります。そこで、ナノゲートキャパシターを採用します。ナノゲートキャパシターはカーボンナノチューブ(炭素)を原材料に用いられているので軽く、より大容量の電気を蓄えることができます。また、化学反応に頼らないので寿命は半永久的です。燃料電池の重量の殆どはセパレーターで、これも炭素材料で作れば軽量化できます。


発電の化学反応によって発生した水はCPUなどの発熱源を冷却する。これによって熱水が発生し、体の表面近くに張り巡らされた管を循環し、手を握ったり抱いたりした時に自然な温もりができます。サーミスタで水温を計測制御しているので熱くなりすぎる心配はいりません。
ラジエーターは胸部にあり、静音ファンと横隔膜を動かすことでまるで生きているかのように息をして排熱します。また、体内に溜めておける水の量も限られているので何れにしろ排出する必要があります。
燃料電池発電は水が無くなっても発電することで水は再び発生するので心配いりません。

 

原子力電池

原子力電池や(原子力)発電機の場合、冷却循環機構は別系統に用意する必要があります。

鉄腕アトム原子力発電機を内蔵したロボットとして知られています。

美少女ロボット計画2017 第6章  美少女ロボットの機能について

美少女ロボット計画

 

美少女ロボットにはまず、感情表現機能が必要です。この機能で作動する部分は瞼・眉毛・口です。同時に首や手足も動くことがあります。
感情表現には嬉しい時には笑顔を見せるなど、ゲームやアニメでもお馴染みの感情表現をします。但し、ゲーム版では再現出来ても口の大きさを極端に変化させたり、瞳の大きさを変えるなど極端な感情表現は再現できません。
勿論、つらい時や悲しい時、寂しい時や痛みなどを感じたときは涙を流す機能もあります。涙は、26章で説明している発電装置から発生した水を一時的に蓄え、定期的に新しい水と自動的に入れ換えます。但し、汗をかく機能はありません。涙を流すということは人間の女に対し劣らぬよう、おしっこしたりオナニーする時に出る愛液を出す機能もあります。そのような粘液は無くなったら口から補給できないので尻の辺りに注入口をつけます。

 

(もし、おっぱいからジュースやミルクが飲める機能があったとしたら?)

飲ませた飲み物を乳首から飲むことができる機能はいざという時にもジュースが飲めるし、抱きしめたりする時に暖かいミルクも飲ませてくれますが、管路に残留した飲料が腐敗し、カビや雑菌が繁殖するのを防ぐ為、胃タンク中の残留したメタノールをきれいに流す為、発電装置から発生した水によって自動的に洗浄する機能もあります。

メタノールはとても毒性が強い有毒物質であることから、経口補給は難ありだと思います。動力源は原子力電池。実現は難しいかと思いますが…電源装置をどうするかによって此の章に於ける美少女ロボットの機能がどうなるかも少し変わってくるかと思います。


カメラ機能は赤外線カメラ機能もあり真っ暗な所でも行動できます。ズーム機能でピントを合わせたりして遠い所や小さい物も見分けることができます。物を認識するときは、例えば部屋に入った時、そこにある物全てを一瞬で材質・形状・色を認識します。何か判らない物は背景として認識されます。美少女ロボットにはそれらの物の名称・材質・使い方を一つ一つ教えてあげる必要があります。

 

スローカメラ機能もあり、ボールを確実に打ち返したり物を避けたりすることができます。歩く時や手を動かす時はCPUが時間・速度・位置と距離を計測し、目や記憶装置から送られてきた情報に基づいてドライバーICを介して正確に制御します。
指の腱は油圧シリンダー機構やワイヤーを組み合わせた機構の二つを計画していますが、有力候補は油圧シリンダー機構です。油圧シリンダー機構は作動速度の遅くなることが懸念されますが、

油圧の小型高速型モーターが実現すれば、サーボモーターを凌ぐ性能を持ち、全てサーボモーター任せのロボットにありがちなモーターの焼損を防げるという利点があります。脚の腱ではアキレス腱などでかなりの力が必要になるので用いられます。ワイヤーやモーターを組み合わせた機構は作動速度が速いことで期待できますが、強度が弱い為に負荷があまりかからない部分に用いるべきです。主にモーターは回転部分に、油圧シリンダー機構は上下運動などの往復運動をする部分に用いられることになります。

 

識別は並列処理で人間と変わらない感覚で認識します。ロボットはテストや資格試験をしたとしても、カンニングをしなくても確実に満点をとれる程の正確な記憶力を持ちます。本を読むときも、そのページに書かれた文章の内容を一瞬で解釈し、その本の文章を全て正確に記憶することができます。景色や絵など、見たものを録画して保存することもできます。その他、毎日の出来事を全て正確に記憶したりすることもできます。

 

瞳には赤外線ポートを搭載しているのでリモコン機能で家電製品を操作したり、キーボードやマウスを使わずにパソコンを操作し面倒で時間がかかる作業をキーボードなしで文字を一瞬で入力して、ワードやエクセルを一発で操作します。なので仕事を短時間で終わらせることができます。


無線LAN機能では美少女ロボットを自分の体のように自由に動かすことができる遠隔操作ができたり、万一誘拐された時などに発信機の役目もします。
赤外線ポートへの情報やデータの転送には専用の子機を使います。設定やモードの変更、声を変更できたりします。声を変更できるということはスピーカーによって発声されるということです。


モードの変更機能について

子供っぽく甘えてくるロリコンモード。

表情だけを変化することができるだけで喋ったり立ったり歩いたりすることができなくなる人形モード。

ポケモンのように鳴くことしかできないモード。

現実の女の子にはありえない、かなりの性欲を持つようになる淫乱モード。

口癖を持つようになる口癖モード。

原作と同じ設定の性格モード。

初めは赤ちゃんのような状態で一からいろんな事を覚えさせて自分の好みに育てていく育成モードもあります。また、性格は更に細かく設定できるでしょう。
この際、ロボットの学習機能は仕事の仕方やダンスや歌や言葉など一度教えると完璧に覚えるものもあれば、スポーツやゲームなど何度かするとコツを覚えて人間以上のこともできるようになる。


会社に連れて行くと役に立つ大人モード・専門家モード、外国語モードでは自動翻訳システムで英語などの外国語も話せるようにすれば外国人からも気に入ってもらえるでしょう。ということは電子辞書の機能もあります。

2017年時点での外国語自動翻訳機能は韓国語ぐらいしか完成度が高くありません。


辞書に続いて関数電卓の機能もあります。そのCPUの機能を活用して電卓代わりにもなるということです。
最後に、ロボットには必ず体内時計が必要です。タイマー機能は美少女ロボットが洗濯や食事を用意してくれる時や用事で出掛ける時などで時間を計る時に役立ちます。スケジュールや日付・時刻・曜日もすぐに教えてくれるアラーム機能も勿論備わっています。

美少女ロボット計画2017 第5章 美少女ロボット計画オンラインゲーム版②

美少女ロボット計画

 

◆美少女ロボット計画ソフトウェア版とは◆

この計画はai sp@ceの後継サービスに相応しく計画されたものです。
美少女ゲームメーカー各社の各世界・キャラクターをハイクオリティな3Dで再現して各ゲーム作品・メーカーの枠を越えてハーレムを楽しめる、他に類を見ない真新しいアプリケーションです。
作品を越えて、キャラクターたちが入り乱れる世界は、まさにカオス…!?
パッケージソフトの性格を併せ持つオンラインゲームであると共に、普通のゲームソフトにオンラインゲームの機能を加えたゲームです。

ai sp@ceからの変更点◆

●美少女ロボットの種類や島(エリア)の数は無限に拡張することができる設計です。

●エディションは個人用クライアントとメーカー開発用クライアントの2種類を販売します。

美少女ゲームメーカー各社が開発用クライアント同梱の開発ツールを使用してキャラクターのロボットやエリアマップを作成できます。

美少女ゲームメーカー各社がサーバーを運営しアイテム販売を行います。

●個人用クライアントはマイルームに相当するエリアをオフラインでも遊べる。
 つまりマイルームは個人用クライアント側に実装される。

●個人用クライアントと美少女ゲームメーカー用開発クライアントはパッケージソフトとして販売します。

●水鉄砲シューティングなどはゲームの追加要素の1つに過ぎず、当社オフィシャルサーバーや各美少女ゲームメーカーのサーバーにその他いろいろなアクションゲームやミニゲーム窓口を追加できる設計です。

●チャット内容による利用停止措置の必要性がなくなる。アクセス制限を受けたとしてもマイルームエリアをオフラインモードで遊ぶことができます。

●トレード機能は廃止のうえ、リアルマネートレード問題は皆無です。

●ソフト本体の値段のほか、ガチャなしのアイテム課金方式ですので、健全なビジネスモデルを期待できます。

●運営者がサーバーを閉鎖してサービス終了しても、ゲームそのものがプレイできなくなる心配がない。

個人用・開発メーカー用どちらにもサーバープログラムが入っております。
個人用にはマイルームにあたるエリアがサーバーで、
エロゲーメーカー用には各作品の島にあたるエリアとショップをサーバーとして各美少女ームメーカーが運営することになる方式です。
このため開発当社ではソフトウェア本体の売り上げとオフィシャルサーバーでのアイテムの売り上げが当社の収入になり、各美少女ームメーカーのキャラクターのロボットやアイテムの売り上げは各美少女ゲームメーカーの収入となるビジネスモデルです。

◆個人用エディション◆
マイルームを含むエリアが実装され、オフラインモードがある以外は前作の一般用クライアントと仕様は変わりません。
外部サーバーからロボットやアイテム、さらにはオンラインモードで遊べたエリアマップを模した空間や前作の水鉄砲シューティングなどがオフラインモードでもプレイできる空間も購入できたりします。

全年齢対応版と18歳以上対象版の2つのレーティングがあります。
全年齢対応版は一部機能に制限があるほか、18歳以上のプレイヤーのマイルームに入ったりすることが制限されます。
18歳以上対象版にはマイルームでのみ美少女ロボットを裸にしたりエッチしたりする機能も実装されます。

◆メーカー用エディション◆
日々のエリアマップやロボット、アイテムの売上金がそのまま自社に振り込まれるだけではなく、自社作品のエリアマップやロボット、アイテムの販売を通じて将来現実世界で販売することになるロボットや衣装がどの程度売れるのかをシミュレートできる有意義なアプリケーションです。
各メーカーごとにゲームサーバーを運用、エリアマップや キャラクター(美少女ロボット)のデザイン製作が行える開発ツールも同梱しております。

●美少女ロボットと一緒に生活できる
プレイヤーは自身が扮するアバターを操作し、マイルームを拠点に、オンラインモードでは各作品の世界観を表現したそれぞれのエリアの中で、美少女キャラクター・美少女ロボットとの生活を楽しむことができます。

アバター(プレイヤー) ゲームを開始したとき、プレイヤーはまず分身となるアバターを作成することになります。
最初にアバターの性別・顔つき・髪型・髪の色といったアバターの外見を選択することになります。
アバターの外見が決定したら、ゲーム内での生活が始まります。

●あなたのパートナーとなる「大切な存在」
ゲームを開始して外部サーバー内のロボットショップを訪れると、美少女ロボットのボディタイプ選択、顔つき・髪型・髪の色といった美少女ロボットの外見を選択することになります。
アバター同様、いえ、それ以上に細かなカスタマイズが可能です。 あなただけのパートナーを、あなた色に染め上げてみてください。

●美少女ロボットはあなたのパートナー

美少女ロボットとは、
ゲーム内でのアバターのパートナーとなる美少女キャラクターです。
本作中に登場する美少女キャラクターのロボットたちは皆、「将来は現実世界でロボット化されて、あなたたちと会い生活する」ことを共通の夢としています。
美少女ロボット計画ソフトウェア版の中で着せ替えやドラマを楽しんだり、曲にあわせてダンスを踊ったりと、美少女ロボット計画ソフトウェア版での生活をさらに楽しく豊かにしてくれる存在です。
ゲームを開始した際、まずプレイヤーは1体の美少女ロボットを作成することになります。その美少女ロボットと交流を深めていくことが、美少女ロボット計画ソフトウェア版での生活の始まりとなります。

●自由なコーディネイト

美少女ロボット、髪型、服、アクセサリー……様々なおしゃれを楽しむことができます。より可愛らしくなるように、コーディネイトしてあげましょう。
参考画像のように、他社作品のモノと合成すれば、知られざる新たな魅力を発見できるでしょう。

●aiちゅーんで心を紡ぐ

aiちゅーん(AIエディタ)とは、美少女ロボットの言葉・動作を特定のコマンドを用いて、あなたなりの美少女ロボットにカスタマイズすることができる機能です。


UCC(ユーザークリエイテッドコンテンツ)◆
UCCとは、ユーザークリエイティッドコンテンツの略称です。
美少女ロボット計画ソフトウェア版内の素材を使用するドラマ(アドベンチャーゲーム)、ライブ(後日実装)で美少女ロボットに踊らせるダンスの振り付け、コンテスト(後日実装)で使用する楽譜を作成することができます。

●ドラマについて

前作のドラマ機能では単なるテキスト進行形式のものからaiちゅーんのような複雑なスクリプトを組んでキャラクターを並べて動かして遊んだりすることもできました。

 

●嫁ロボット(仮)と一緒に生活できる
プレイヤーは自身が扮するアバターを操作し、マイルームを拠点に、オンラインモードでは各作品の世界観を表現したそれぞれのエリアの中で、美少女キャラクター・嫁ロボット(仮)との生活を楽しむことができます。

 

アバター(プレイヤー)
ゲームを開始したとき、プレイヤーはまず分身となるアバターを作成することになります。
最初にアバターの性別・顔つき・髪型・髪の色といったアバターの外見を選択することになります。
アバターの外見が決定したら、ゲーム内での生活が始まります。

 

▼嫁ロボット(仮)とは
ゲーム内でのアバターのパートナーとなる美少女キャラクターです。

●あなたのパートナーとなる「大切な存在」
ゲームを開始して外部サーバー内のショップを訪れると、嫁ロボット(仮)のボディタイプ選択、顔つき・髪型・髪の色といった嫁ロボット(仮)の外見を選択することになります。
アバター同様、いえ、それ以上に細かなカスタマイズが可能です。 あなただけのパートナーを、あなた色に染め上げてみてください。

 

それぞれのサーバー
参加美少女コンテンツの各世界・キャラクターを、ハイクオリティな3Dでオンライン上に再現した世界です。各作品ごとに個々に存在しています。
(萌えキャラロボットオンライン(仮)に参加するアバターは始めからマイルームをクライアント側に所有している設定になっている所が前作とのシステム変更点です)

●エリアについて
それぞれのサーバーには、学校周辺・商店街・住宅街など、区域ごとにいくつかのエリアに分かれています。
マップ内の特定の場所に移動することで、タウンの全景マップが表示されます。
各エリアを模したアイコンを選択、決定することでエリアを移動できます。

●チャンネルについて
快適な通信やプレイ環境確保のため、
各エリアはチャンネルと呼ばれる平行世界が重なっている構造になっています。
(必要に応じて追加する)

NPC
必要に応じて追加できます。


●ショップの店員NPC
エリア内に点在するショップには店員NPCがいます。
店員NPCをクリックすると、ショップでの買い物ができます。

オフラインモードでの機能

①ゲーム起動(ログイン)
マイスペース(マイサーバー)・マイルーム

マイルームで使える機能

ウインドウメニュー
①アイテム
②着替え
③マイステータス
④マイルーム・マイスペース設定
⑤エモーション
⑥チッャト
⑦携帯チャット

メインメニュー
①ゲーム終了(ログアウト)
②コンフィグ
③ヘルプ
エスケープ(プレイヤーの立ち位置リセット)
⑤録画

嫁ロボット(仮)メニュー
①着替え

オンラインモード
各ゲームメーカーで設置するオフィシャルサーバー
各作品のマップ(学園、商店街、その他)
各ショップおよび商品購入モード(クレジットカード認証システム有)

 

◆ショップ詳細◆

ショップでは、店員NPCに話しかけることでショップウィンドウが開いてアイテムの購入ができます。


前作でaiぽんに相当する販売方式は廃止する予定です。

●ロボットショップ
美少女ロボットの本体を購入できます。

●衣類ショップ
前作ではMoonspace(女性向け衣類店)、Sunlight(男性向け衣類店)、こねこ屋ランジェリー(女性向け下着店)、エニシングShoes(靴専門店)

●雑貨ショップ
前作では雑貨店はエリアごとに異なる名称だった
りくの雑貨店、うみの雑貨店、そらの雑貨店(雑貨店)
はっとらっく(帽子専門店)、カバン本舗(鞄専門店)
Amethyst(ジュエリー装飾類専門店)
おーたむレンズ(めがね専門店)、ウイッグジェミニ(ウイッグ専門店)

●家具ショップ
家具のKAGUYA(家具類専門店)
AKIBA電気(家電専門店)

●不動産ショップ
各メーカーごとに自社作品の学園フィールドなどを個人のマイルームエリア向けに販売したりする。
前作では外神田不動産(準備中)で結局マップ内での物件販売は実装されなかった。
本プロジェクトではサーバーごとに任意で実装することになります。 各サーバーの運営者が該当作品の製作元でございます。よって、その原作ゲーム作品の著作者の判断に委ねられます。

●コモンズショップ
ドラマやaiちゅーんの作成に使える素材を購入できます。

●ドラマショップ・aiちゅーんショップ
こちらは全て無料でダウンロードできるコンテンツです。


◆各ショップの運営元について
標準アイテムの販売は当社のサーバー内での営業となります。
各原作ゲーム作品に登場するキャラクター(美少女ロボット本体)や衣類などのアイテムは該当作品の製作元(著作者)が運営するサーバー内での営業となります。

 

美少女ロボット計画2017 第5章 美少女ロボット計画オンラインゲーム版①

美少女ロボット計画

 

『美少女ロボット計画』(以下、本作)は、ヘッドロックが開発を手掛けたオンラインゲーム「ai sp@ce」(以下、前作と略する)をもとに、少し考え方を変えて僕なりの考えを反映させた、よりよいゲーム世界を作り上げ末永く存続させることを目指します。

元々は現物のハードウェアとしての美少女ロボットを製作する計画だった美少女ロボット計画をそのままソフトウェアで再現し、将来は現実世界で真の美少女ロボット計画により現実世界でロボット化させたいという夢が込められているオンラインゲームです。

本作では一般的なゲームにあるようなストーリーは必須ではなく強制シナリオなども特に存在しません。

際限なく増え続けるゲームやアニメの美少女キャラクターの数にむらなく対応できるようキャラクターの種類数・原作ごとにマップ数ともに拡張性に配慮した上で、運営会社がゲームサービス終了しても存続しやすい仕組みにする為に中央サーバーのないP2P方式での実現を目指します。

更にP2P方式ではオフラインでも遊べる仕様になります。

 

前作はオンラインゲーム界にしては他に例のない唯一のバーチャル3D美少女ゲーム共存サービスでした。ところが歪んだ思考で方針を制定してサービス終了させて破綻を犯した運営(以下ドワンゴ)が台無しにしてしまった。ただのオンラインゲームではない前作にはただのオンラインゲームではない運営思想が適切なのです。

(このゲーム上ではユーザーをロボットかサイボーグとしか見做されないのも1つの特徴です。その為、ユーザー同士の罵倒をしてもBANの対象になりません)

 

数多くある美少女ゲームメーカー各社の作品に登場する全てのキャラクターたちが共存できるバーチャル空間で(前作におけるキャラドルにあたる存在)嫁ロボット(仮)を着せ替えしたり、(前作におけるaiちゅーんに相当する機能)AIエディタ(仮)で現実のロボットに実用化できるレベルを目指したり、将来はこの企画による売上金でロボット事業の立ち上げることを目標とする。売り上げ次第で萌えキャラロボットオンラインのキャラクターを現実世界で本物のロボットとして製作するという連動企画としたい。

理想的な女の子を簡単に自分のものにできます。美少女キャラクタ-を現実と何ら変わらない状態でありのままに愛すること。美少女キャラクタ-と共に仮想空間での生活して思いのままに接すること・自由に会話すること、ゲームや夢の中でしか触れ合うことができない美少女キャラクタ-といつまでもそばにいられるようになります。
二次元世界での概念から開放し、立体化且つ等身大・ロボット化故の自由度を最大限に発揮します。
デザイナーがシナリオの設定上やむを得ず生み出すことができなかったキャラクタ-・アレンジできなかったキャラクタ-もたくさん存在すると思います。それらの美少女キャラクタ-も皆さんの前に姿を現すことでしょう。

 

よってこの企画で美少女ゲームメーカー各社のキャラクターたちが共存できる3Dバーチャルキャラクターによるソーシャルアプリを復活させることが最大の趣旨です。

 

ビジネスモデルとしては、パッケージソフトとして販売し、P2Pサーバー上でキャラクターの衣装やアイテムがサーバーを運営する美少女ゲーム会社に課金される仕組みとします。

 

基本仕様

ジャンル 3Dバーチャルキャラクターシミュレーション

対応ハード Windows

プレイヤー人数とプレイスタイル 1クライアントにつき1人、オンライン対応(通信機能使用)付き。

年齢制限 全年齢対応版と18歳以上対象版があります。

エディション

個人用クライアント(パッケージソフト)

メーカー用クライアント(パッケージソフト)

いずれもサーバーとしての機能プログラムあり。

 

個人用 一般的なクライアントプログラムです。マイルームに相当するエリアをオフラインでも遊ぶことができます。

メーカー用 開発ツール同梱。キャラクター、エリア作成・販売が可能。

 

課金方式 パッケージソフト本体の料金(固定)のほか、ガチャなしのアイテム課金方式とする。

 

美少女ロボット計画2017 第4章 美少女ロボットのメリットについて

美少女ロボット計画

 

美少女キャラクターの魅力

ゲームやアニメの美少女キャラクタ-の多くはそこら辺にいる女性や女の子には決してマネすることができない『萌え』がある圧倒的に理想的な女の子です。(中にはそれに反するキャラクターが存在する作品もありますが)


まず一つ、言葉遣いが丁寧で萌え要素(子供っぽいかわいさがロリコンを満足させる)があってかわいい。
今時の女の子にはない女の子らしさが保たれています。その美少女キャラクタ-ならではの萌え声も第6章で説明している通り、音楽業界にうってつけですし、萌えがあります。


二つ目は今どきの女の子には決してマネすることができない理想的な性格です。


三つ目は美少女キャラクタ-ならではの顔立ちである。この姿を現実の生物ではとても再現できません。


四つ目は肌がきれいであり、ほくろ、にきび、しみ、そばかすがないこと。


五つ目は理想的なスタイル(体型)であること。胸の形やわき腋毛や陰毛などなんて事がありません。

 

理想的な女の子をより身近な存在にして容易に自分のものにするには美少女キャラクタ-をロボット化すればいいのです。そして、その魅力を最大限に発揮させます。

次に、 美少女キャラクタ-をロボット化した後に出てくるメリットについて書いていきます。

 

美少女ロボットの魅力

1:理想的な性格
美少女ロボットの理想的な性格はロボットの人工知能の一部を簡略化したことで実します。逆に言えば人間と同等の完璧な人工知能を搭載した場合、悪い事をしたり、性格や言葉遣いが悪くなったりします。


2:老化しない
つまり老けないことです。ロボットとなれば年齢は関係ありません。しかも『少女』だから老けないことにメリットがあるのです。
然し、自分だけ老けても死ぬ時が近くなればサイボーグになって永遠に付き合えばいいと思います。


3:うんこしない

人間と違って大便その他の糞が出ません。

但し電源装置の仕様によっては尿道口からおしっこが出る仕組みに造られる事も考えられます。


4:カスタマイズ次第で色々な好みに作ることができる。(外見)
リボンをつけ替えたり、服を着せ替えたりすることが自由に楽しめます。第29章で説明している「改造」を注文して既存の美少女キャラクタ-あなただけのオリジナル美少女ロボットにアレンジできます。

 


5:股に毛がない。
これでコスト削減になりますし、キュートで萌なのでロリコンも満足できます。美少女ロボットは二つ目で説明した通り、人間とは違って老化しないので股に毛が無くても差し支えありません。


6:女性関係のトラブルが起こる心配が皆無。
浮気による慰謝料のトラブルやセクハラや痴漢やわいせつ行為による女性関係のトラブルで後悔するようなことは、美少女キャラを愛する人にとっては無関係です。浮気性の人にとっても美少女ロボットがメリットなのは言うまでもありません。

美少女ロボットやサイボーグに痴漢や盗撮その他性犯罪をしても罪になりません。


7:モードを切り替えて楽しむことができます。
美少女ロボットはモードを自由に切り替えることで性格などをまるで他のキャラを移植するかのように組み合わせ・カスタマイズでき、着せ替え人形感覚で変更できます。


8:美少女ロボットが普及したことによって新たに実現すること。
社会生活上・私生活上に於いて美少女ロボットが普及したことによって、大好きな美少女キャラクタ-のロボットと以上これまで説明した事が実現することです。


9:ロボットとして共通する機能。
たとえば、驚異的な記憶力や計算能力、疲労を知らない体、そして正確な動作ができることです。