読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美少女ロボット計画2017 第3章 現代の美少女ロボット計画

美少女ロボット計画2017

美少女ロボット計画

 

15年前以来、萌えの時代と共に歩んで来た美少女ロボット計画について語ります。

萌えの時代との関連性について詳細は第8章 萌えの時代と共に歩む美少女ロボットの社会にて、未来への展望については第29章 明日の美少女ロボット計画で書いていきます。

 

高校に入学してから拙い文章ながら本格的に美少女ロボット計画の文章を手書きで書くようになり、僕が17歳のうち4月から7月のたった3ヶ月間で書き上げた『美少女ロボット計画2005』は美少女ロボット計画の現代化に著しく貢献したのだと感じられます。電子科主任の井上先生に「こんなもの学生(高校生)がやるもんじゃない」と言われましたが…12年振りに久しく、現代の美少女ロボット計画の文面にも一部は今も尚、引き継がれています。

12年〜15年前の時代は萌えキャラクターは当時50歳以上の大人には到底受け入れられなかったのですが、現代では街中を見渡せば萌えは幅広く認知されるようになってきました。

美少女ロボット計画が発案されてから15年、僕より年下の大学生みさいるさん

mechanical-girl.seesaa.net

twitter:missile_39 初音ミクの等身大ロボットを作ろうとする10年ぐらい前から人型ロボット関係者はゲームやアニメの美少女キャラクターのロボットを作ろうとしませんでした。

2017年はEver17の時代、ロボットの時代でもなければなりません。

今の時代こそ、萌えをロボットに融合させる時代なんだと思います。

高卒11年ながらも、時代と共に歩み続けて考え続けて、今日も現代化へ邁進していく美少女ロボット計画。

こうして身も心も大人になった29歳の僕が大人として新しく書き直した『美少女ロボット計画2017』を、どうぞ宜しくお願いします。