読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美少女ロボット計画2017 第1章 美少女ロボット計画の概要

美少女ロボット計画

1、美少女ロボットについて

此の計画に於ける美少女ロボットとは、ゲームやアニメやマンガなど、絵に描かれた様々な美少女キャラクタ-をロボットのデザインに用いたロボットのことです。
つまり『美少女キャラクタ-をロボット化してロボットという商品に仕上げる』これが基本概念です。
美少女ロボットのデザインは、ゲームやアニメ、漫画をはじめとしたキャラクタ-デザイナー(企業所属の原画家)から個人のオリジナルデザインまで承り、ロボット化が見込めるデザインの採用が決まると著作者に許諾を得て美少女ロボットを商品化します。

 

もし、その美少女キャラクタ-のデザインや設定が見劣りする、不満がある、気に入らない等の場合は『改造』をすれば済むことです。

改造については第27章で詳しく説明しますが、改造とは内部構造や機能といった技術的な改造も含みますが、髪型や輪郭、目、体の大きさ・形、色、服や下着等、声優の声、性格の改造を指します。性格とコスプレ等による着せ替え、声優の声はユーザーが簡単に変更できますが、その他は著作者に承諾を得たり変更点の注文を依頼したりします。また他のキャラクタ-デザイナーに描いて貰う『合成』した美少女ロボットも注文して作れます。

勿論ユーザーがデザインしたものをデザイナーに注文して個人のオリジナルデザインの美少女ロボットも作って貰う事も可能です。

1人の原作キャラクターでも衣類を除き、色の種類や身長や胸の大きさの違いを含め100種類以上のパターンで外見をした美少女ロボットを実現させることができます。

 

原画家がシナリオの設定上やむを得ず生み出すことができなかったキャラクタ-・アレンジできなかったキャラクタ-もたくさん存在すると思います。それらの美少女キャラクタ-は『美少女ロボット計画』でロボット化されてから皆さんの前に姿を現します。

背景に描かれている美少女キャラクタ-でも、そのアナザーストーリーが創られていって、未知なる可能性を見い出して数多くの新たな魅力を発見する事になるしょう。

 

販売される美少女ロボットの商品化されるプロセスには大きく分けて2つの形態があります。
先ずはゲームやアニメ原作の美少女キャラクターのデザインを設定通りにロボット化される商品。

もうひとつは、個人のオリジナルデザイン、もしくはゲームや漫画などで活躍されている美少女キャラクターの絵を描く原画家にデザインの新規・変更などを依頼してオーダーメイドでロボット化される商品の2種類があります。
性格と声優の声の変更、服の着せ替えは簡単にできますが、簡単に変更できない部分はオーダーメイドで製作・変更します。
オーダーメイドでは、体つき、顔つき、髪型、髪の毛や瞳の色の変更ができます。

 

性格はロボットであるが故に、自分好みに設定することができます。
原作の固定化されたストーリーの設定上、自分の好みに合わない性格をしたキャラクターでも、自分で育てて自分の理想に限りなく近づける事もできるでしょう。

詳細は第21章、 美少女ロボットの機能についての項目でモード変更機能の解説を予定しております。
他作品のキャラクターが着ている服に着せ替えたり写真を撮ったり、初音ミクのように歌を歌わせてその美少女キャラクタ-の声優の声で聴けたり、一緒に外へ出かけたり、一緒に風呂に入ったり、一緒に寝ることができます。

 

ゲームやアニメの美少女キャラクタ-をロボットのデザインに採用することで、斬新で個性的な美少女ロボットをより沢山創り、一層バリエーションを豊かにすることができます。
また、大勢の美少女キャラクタ-が着ている服のデザインはどれも斬新なものばかりで、このような服を沢山商品化すればファッション業界でも新たなジャンルが創生されるでしょう。美少女キャラクタ-ならではの萌えや高い理想を吟味するため、美少女キャラクタ-の知られざる新たな魅力を発見することができます。
美少女キャラクタ-を現実と何ら変わらない状態でありのままに愛すること。美少女キャラクタ-と共に生活して思いのままに接すること・自由に会話すること、ゲームや夢の中でしか触れ合うことができない美少女キャラクタ-といつまでもそばにいられるようになります。
二次元の美少女キャラクタ-は『ロボット』といういつまでも同じ姿であり続ける媒体と融合し、時間が経つにつれ歳をとって老けるロリコン好きの男性のそばにいつまでも子供っぽいかわいさ(萌え)と若くてきれいな姿であり続けてくれます。
ロボットには年をとっても同じ姿のままで老化しないという特長があります。理想的な女の子を簡単に自分のものにできます。

 

シナリオというプログラムで固定化された二次元世界での概念から開放し、立体化且つ等身大・ロボット化故の自由度を最大限に発揮します。
そして美少女キャラクタ-の未知なる可能性を見い出して数多くの新たな魅力を発見できるでしょう。

 

美少女キャラクタ-はロボット化される際、等身大で裸から本物そっくりに忠実に造られ、姿は既存のフィギュアを等身大にしたもので身長はプロフィールで設定したものと同じです。
フィギュアと異なる点は、美少女ロボット本体は裸なので勿論布製の服を着ています。ということは着せ替えも自由にできます。次に髪の毛がドルフィードリームの人形のように一本ずつ植毛されています。三つ目に瞳が色つきの透明プラスチックで作られているので光沢が違います。あとは目や口をはじめ全身が動き、喋ることができます。

 

(以下は4月5日追加)(以上4月5日一部追加更新)

2、オンラインゲーム『美少女ロボット計画ソフトウェア版』について

詳細は第19章 美少女ロボット計画オンラインゲーム版を参照


これまでの美少女ロボット計画シリーズよりフィールドをオンラインゲーム業界に移転し、考え方は今までのロボットを中心とした内容を継承し続けていきます。
ロボット事業の資金源を確保するための事業として有効と感じたのが3Dゲーム事業です。
元々の現実世界において美少女キャラクターのロボットを実現させる計画をそのままゲームソフトで再現させるというものがあります。
現実にはオンラインゲーム版で人気を集めた3Dキャラクターからロボット化されるという流れになると思います。
此処でも今までゲームの固定されたプログラムから開放され、なんといっても「自由度」が増します。つまり、楽しみ方に無限の可能性があります。
大好きな美少女キャラを自分の思った通りにできる、自分の思い通りにゲームの設定の壁を乗り越える、ゲームやアニメ以上の世界以上の領域を楽しめます。

 

3、現実世界に建設予定の施設

詳細は第23章 美少女ロボットの製造設備と外観の概要を参照


予定地は日本の伝統美を醸し出す京都で、美少女ロボットは【お寺】で造るというコンセプトで聖高寺という寺院で、株式会社コパメイド本社ビルも聖高寺境内に建設予定です。
製造工場も寺院を模した建物となります。(聖高寺の命名日は4月14日)

 

4、推敲と更新履歴、今後の予定(4月15日追加)

今やパソコンで文章を書ける時代になってから長文の推敲は随分と簡単に出来る時代でもあり、推敲と更新履歴は【前書き】の項目にも反映させる予定で、来年以降は数年間或いは10年ぐらいしないと美少女ロボット計画2017を上回る傑作は書けそうにないので推敲する場合はエチュード版として、

(例:美少女ロボット計画エチュード2018 など)

本書の文面をコピーしたものに上書きして公開します。

何故なら今の最高傑作を永遠に見栄えよくしたいですし、後々風化させたくないから、横型バナーで昔の傑作が埋もれてしまっては勿体無いから本書が書き終われば当面トップページは更新致しません。

 

(この箇条書きは3月20日追加)

美少女ロボット計画は、僕にとって全ての中心となっています。

美少女ロボット計画の記事は、当サイトでは特別扱いされます。

美少女ロボット計画は、どんな物事よりも最優先されるべきです。

美少女ロボット計画は、日本だけでなく、世界を変える程の影響力があります。

美少女ロボット計画は、生死の概念をも変える可能性があります。

美少女ロボット計画は、理工学全般だけでなく、様々な分野の学問から構成されます。