読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美少女ロボット計画ソフトウェア版2015 第7章 2005年版の各章との比較③

美少女ロボット計画 ソフトウェア版

ここでは、ai sp@ceと美少女ロボット計画ソフトウェア版のルーツとなる美少女ロボット計画の各章との内容を比較して共通点や相違点を挙げていきます。

③ 美少女ロボット計画2005 第4章 美少女ロボットの個人利用目的

1:美少女ロボットと性犯罪の撲滅の項目については現在版では廃止する方針ですので無いものと考えてください。

2:日常生活に於ける美少女ロボットとの接し方

>ゲームやアニメだけでは再現できなかった事は無限にあることを既にご存知ですか。
>それを自由に再現してくれるのが美少女ロボットです。 そして新たな魅力を発見することができます。自分自身が肌身をもって本来ゲームやアニメの世界にだけ閉じこもっている筈の美少女キャラクタ-と現実上で接すること。美少女キャラクタ-を形のある美少女ロボットにすればいつまでもずっと一緒でいられます。

パソコン上で再現したバーチャル世界でも自由に再現できますし新たな発見もたくさんできます。
実物のロボットではなく、あくまで仮想空間上のロボットなので現実世界では接することはできませんが画面上でそれを再現することはできます。

>金持ちであれば美少女ロボットをすぐに二人以上買う余裕がありますが、そうでなければまず一人の美少女キャラクタ-しか選ぶことができません。

これは実物のロボットだったらこうなるわけで、仮想空間上では制限はありません。

>自分で想像し妄想した事が現実のものとなります。

それはパソコンの画面上だけの話になります。

>ゲームやアニメのストーリーは自由度が明らかに低いので必ずしも満足できるものとは限りません。
>今までゲームの固定されたプログラムから開放され、なんといっても「自由度」が増します。つまり、楽しみ方に無限の可能性があるのです。
>大好きな美少女キャラを自分の思った通りにできる。自分の思い通りにゲームの設定の壁を乗り越える。ゲームやアニメ以上の世界以上の領域を楽しめます。

これは共通して言えることです。

>お姫さま抱っこ出来なかったキャラを抱くことができる。 抱きしめたい時はいつでも抱くことができる。 キスしてもらえる。 自分の名前を呼んでくれる。 いつもと違った会話が楽しめる。 優しく接してやれる。

共通しています。極端な話、全てのキャラクターに全て同じシチュエーションを再現して楽しむことができます。
自分の名前を呼んでくれたり、いつもと違った会話が楽しめるのはai sp@ceや美少女ロボット計画ソフトウェア版でも変わりません。

以下の文章では一日の生活について書き連ねましたが、ai sp@ceや美少女ロボット計画ソフトウェア版でも再現できる内容に変わりはありません。