読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美少女ロボット計画2006 〈第14章 修理・中古について〉

美少女ロボット計画

1:修理
体に切り傷や穴ができたり焼け爛れた場合は表面を全て剥ぎ取り、もう一度型に入れてシリコンを流し込む作業をします。 内部が故障若しくは損傷した場合も破損した部品を修理・交換してからこの作業をします。
何か可哀想で嫌な気がしますが、肌の材質自体が溶接できないので、それしか方法がないのです。

2:中古の取扱いについて
美少女ロボットを中古販売するにはまず汚損しないことです。 カビや雑菌が繁殖しないよう清潔にする必要があります。
中古販売はユーザーが飽きて浮気したい時やお亡くなりになった場合など、美少女ロボットを格安で他人に譲渡するサービスです。しかし、将来はユーザーの死後、美少女ロボットに魂移植して女の子に生まれ変わる選択肢も考えられます。
将来は未成年者が美少女ロボットを自分のものにできるのが夢じゃない時代になるでしょう。

3:廃棄処分に関して
1、2の何れにしても、粗ゴミ置き場に放置された美少女ロボットも、製造会社に回収され、デザインを改造してでも修理します。
よって、ゴミ捨て場でシュールな光景が見られるなんて事にはなりません。また、棺に葬るなんてことも通常ありえません。
『暁の護衛』を応援しています!