読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美少女ロボット計画2006 〈第8章 日常生活に於ける美少女ロボットとの接し方〉

美少女ロボット計画

自分自身が肌身をもって本来ゲームやアニメの世界にだけ閉じこもっている筈の二次元美少女と現実上で接すること、二次元美少女を形のある美少女ロボットにすればいつまでもずっと一緒でいられます。現実と何ら変わらない状態で愛することができます。
ゲームやアニメのストーリーで無かったシチュエーションで、自分で想像し妄想した事が現実のものとなります。
今までゲームの固定されたプログラムから開放され、なんといっても「自由度」が増します。例えば、
抱きしめたい時はいつでも抱くことができる。キスしてもらえる。自分の名前を呼んでくれる。いつもと違った会話が楽しめる。その声で歌の吹き替え版が楽しめる。他の原画家さんがデザインしたいい服でコスプレが楽しめる。
それでは、一日を例にして説明してみましょう。
朝、あなたの名前を呼んで起こしてくれる。
美少女ロボットに寝ぐせがあったら髪の毛を櫛で梳かしてあげる。
制服やいつも着ている服を着せてリボンをつけてあげる。
朝食・昼食(弁当も)・夕食も作ってくれる。
片付け・食器洗い、掃除、洗濯、布団干し、買い物等家事全般を全てしてくれる。疲れた時は肩揉みもしてくれる。
昼は一緒に散歩に連れて行ってあげる。
カラオケで、その美少女キャラが歌ういろんな歌の美少女エディションが聴ける。
ゲームセンターに連れて行くのも面白いでしょう。家でやるゲームでも人間にはとても辿り着く事ができない領域のハイスコアを出すでしょう。
海やプールに連れて行けば水着姿のお披露目です。
一緒にお風呂に入ることができる。懐かしい妹との記憶が蘇ってくるでしょう。背中を洗ってもらえる。
美少女ロボットの体を洗うにはザラザラした物ではなく柔らかいスポンジやタオルを使ってあげます。体に傷をつけたり火傷をさせたりすると元に戻らなくなるのでくれぐれも気をつけてください。
また、髪の毛も伸びないので切ってしまうと二度と元に戻らなくなります。髪型を変えてみたいからといってむやみに切るのはやめた方がいいでしょう。
シャンプーは髪の毛を汚してしまった時のみにします。
お風呂から上がったらバスタオルで丁寧に体を拭いて下着とパジャマを着せてあげます。
寝る時も一緒に抱き合いながら寝ることができます。